2010年01月26日

党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は24日午前のフジテレビの番組で、自身の政治活動について「国民から拒否された古い自民党のままいっていいという人たちが(党内の)マジョリティーなら、われわれが出るしかないじゃないか」と述べ、夏の参院選前に打ち出す経済政策などの提言が党改革に反映されない場合は、離党もあり得るとの考えを示した。
 ただ、「今、党の中で一生懸命努力している。まず自分の力、自分の言ってることがマジョリティーを持つように全力を挙げて努力することが大前提だ」と述べ、当面は党内にとどまり自民党再生に取り組む考えを強調した。 

無病息災願い奈良・大安寺で「笹酒祭り」(産経新聞)
「いのちの塔」散り急ぎ? 花博シンボル、3月末で営業休止 鶴見緑地(産経新聞)
<仏教伝道文化賞>画家、佐久間顕一さん…芸術分野で受賞(毎日新聞)
足立区でまた学力テスト不正、生徒に誤り指摘(読売新聞)
家賃代わりにみだらな行為 少女を泊めた男逮捕(産経新聞)
posted by ヤゴ コウイチ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。